HOMECOLLECTIONコクーンOP ソ226

GIEMON

2020 autumn/winter

コクーンOP ソ226

商品説明

コクーンOP ソ226

ドロップショルダーのコクーンワンピースです。
首元はスタンドカラーでノーボタンになっています。
スキッパー仕様で抜け感を演出できます。
コクーンシルエットが女性らしい柔らかな印象をあたえ、一枚でさらっと着られるワンピースになっています。

【着丈110 B143+タック 裄丈69】

【カラー】
34.かるた濃紺/白(36,000円)
35.舞木立紺/パープル(36,000円)
36.タテモールヘリンボーン黒・カーキ/白(38,000円)

生地情報

真452かるた濃紺白(株式会社久保かすり織物)

久保かすり織物のタテ絣。オカモト商店の絣でも人気を博した岩瀬織物で以前作成された絣を復刻しました。長方形の絣部分は極小のアラレ柄で括っています。すると括りが小さすぎるため所々に染料が浸食しこのようなムラ感のある模様ができます。また織る前にタテ糸を整える「経巻」時には丁寧に糸を揃えることにより整った絣ができます。久保かすり織物ではタテ絣のみの機屋になりますので特にこの工程は他機屋よりも丁寧に行います。
また、タテヨコともに40番手の双糸を使用することにより織りの美しさを醸し出しています。

舞172木立紺パープル(山村かすり工房)

山村かすり工房のヨコ絣。丁寧な作業を重ね絣の綺麗さでは定評のある機屋。
この絣のヨコ糸は予め紫に染めた糸を括り、紺で染めることにより紺、紫に染め分けられた糸が出来ます。柄は葉が茂った木が幾多も連なって森を形成されており、ナチュラルな心地を感ずる柄です。この絣はタテ糸は40番手の双糸、ヨコ糸には21番手のスラブ糸(所々に節がある特殊な糸)の組み合わせの絣になります。軽いタッチの凹凸が肌触りの良さにつながっています。

タテモール絣10ヘリンボーン黒カーキ白(株式会社久保かすり織物)

久保かすり織物のタテ絣。たて糸にモールと呼ばれる太くて毛羽のある特殊な糸を使用しています。この糸を使うことにより暖かさと肌あたりの気持ちよさにつながります。ヨコ糸には3.5番手の太番手のスラブ糸を使用し、凹凸を出しボリュームある生地になっています。また、絣の特徴であるくくりの技術を入れ、ヘリンボーン調の柄に仕上げておりツゥイードを彷彿させるトラッドな雰囲気が素敵な生地。
この機屋では他ではおこなわない特殊なタテ絣を得意としている機屋であり、あわせて糸の研究も積極的におこなっています。

コレクション一覧に戻る