HOMECOLLECTION#4010ジャケット

K kurume kasuri kenkyusya

2020 autumn/winter

#4010ジャケット / color
#4010-2
344.藍グラデーション4分割(120,000円)
#4010
341.カスリン10立水玉紺/白(95,000円)
340.縮M11 黒藍(90,000円)
342ぼかしストライプダークグリーン(95,000円)
343.六双文人04 黒/白・茶(100,000円)

#4010ジャケット / color
#4010-2
344.藍グラデーション4分割(120,000円)
#4010
341.カスリン10立水玉紺/白(95,000円)
340.縮M11 黒藍(90,000円)
342ぼかしストライプダークグリーン(95,000円)
343.六双文人04 黒/白・茶(100,000円)

藍昴Y1グラデーション藍4分割(山村かすり工房)

グラデーション藍4分割
大胆な4本の縞は、経糸に藍を使用。グラデーションやぼかしをいれることにより、藍のもつ多彩な淡さや深さを表現しています。
そのほどよい曖昧さは、他のものともなじみやすいのに、確かな存在感を感じさせます。
経糸に60双糸、緯糸に21スラブ糸を使用した、やわらかな風合いも山村かすり工房のこだわりです。
<規格>
経糸 60/2藍染
緯糸 21/S
組成 綿100%

カスリンW393 10立水玉紺白(野村織物)

小さな丸が規則正しく並ぶ水玉の柄。
経緯の絣で表現される丸模様は、時々みせる柄のズレが、手仕事のぬくもりを感じさせます。
糸使いは、久留米かすりでもっとも使われてきた経40双糸、緯20単糸を使用。
可愛いのに甘くなりすぎない、紺地に白が際立つ、シンプルでありながら存在感のある定番の水玉です。
<規格>
経糸 40/2
緯糸 20/1
組成 綿100%

縮M11黒紺(小縞)(野口織物)

ちぢみ織りの質感は、その織り方で特徴を出します。
経糸(たていと)を上下に分けて織機にのせて、テンションの違いで生地の表面の風合いに変化をつけます。
糸の番手やテンションのかけかたが独特のシャリ感を出しますが、野口織物のちぢみ織りは
経糸に60双糸、緯糸に21スラブ糸を使用しており、繊細な凹凸と、柔らかい質感が感じられます。
また、経糸に藍で染めた糸をバランスよく配列することで、深みのある密かな色の重なりが他にはない表情を生み出しています。
<規格>
経糸 60/2藍染・反応染
緯糸 21/S
組成 綿100%

さざんかS28ぼかしストライプダークグリーン(野村織物)

コントラストをつけた2色のグリーンに、ランダムに白を効かせたかすり入りストライプ。
よこに入った雲のようなムラは、整経した後の丸い玉状の緯糸をランダムに縛り染色することで
生まれます。
はっきりとしたストライプの中に浮かぶぼかしと、緯糸のスラブ糸が時々柔らかい表情をみせてくれます。
<規格>
経糸 40/2
緯糸 21/S
組成 綿100%

六双文人04黒白茶(山下織物)

括りでは表現できない細やかな柄「文人柄」は、「織締め」という技法を使って作り出されます。
久留米絣の男絣といわれ、文豪たちに親しまれてきた小絣ですが、60双糸を使って、高密度でクラシックに織り上げることにより
シルクのような光沢と、しなやかな質感を生み出しています。
シックで落ち着いたブラウンに、細やかな文人柄が入ることにより、ブリティッシュテイスト漂う上品さが感じられます。
<規格>
経糸 60/2(一部藍染)
緯糸 60/2(一部藍染)
組成 綿100%

#4010ジャケット

リバースジャケット
Kの表現シーンの一つに、ユニセックスラインがあります。
しかも木綿のきものであるカスリだけでは表現できない部分で、
‘広巾’の布を活用します。ベロアに刺繍した素材を開発し、
カスリとの融合で生まれたハーフコート。
‘K式縫製’で仕立てております。

コレクション一覧に戻る